FC2ブログ

丈夫なお家にする為に

「地震・雷・火事・親父」と昔は言ったものですが、今では「地震・雷・火事・白蟻・振り込め詐欺・etc・・・」
親父の威厳はどこにいったのやら・・・

先日、福島県沖を震源地とする地震がありましたが、最上町は震度3。
去年は宮城県を震源地とする地震がありまして、その時は震度5強(だったかな?)

親父の威厳はさておいて、やっぱり「グラッ」っと揺れると怖いですね

「車を運転する時は、シートベルトをしなさいよ」とか「バイクに乗る時はヘルメットをかぶりなさいよ」というのは「道路交通法」で決められている事ですが、建物を建てる時にも「建築基準法」という法律がありまして、この法律に基づいて設計したり施工したりするわけなんですね。

地震や台風などの強風等、建物を揺らすような強い力を「外力(がいりょく)」といいますが、それに抵抗する為に「筋かい」と呼ばれる部材を設置します。筋かいが入った壁を「耐力壁」などといいます。
最近では筋かいを施工せずに、構造用合板を用いた施工法が一般的なようです。

どのくらい筋かい(耐力壁)が必要かと言いますと、建物の面積・壁の面積・屋根が重いか軽いか・建物の階数など、様々な条件により変ってきます。

そんな事が詳しく書かれているのがこの法令集
法令集 001

この法令集とにらめっこしながら、「最低限度必要な体力壁の量」を計算し、安全な建物になるように設計します。

例えば計算結果で、9.1m以上の耐力壁が必要だとします。
厚さが1.5cmで幅が9㎝の筋かいの壁倍率は「1.0」
壁倍率「1.0」の筋かいで施工する場合は、耐力壁は9.1m以上必要だという事になります。
厚さが4.5cmで幅が9㎝の筋かいの壁倍率は「2.0」
壁倍率「2.0」の筋かいで施工する場合は、耐力壁は4.55m以上必要だという事になります。

平成12年4月1日に施行された「品確法」(正式名称は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」)という法律がありまして、品質の良い住宅を安心して取得できるようにするためにつくられたものです。

そして品確法に基づく制度が「住宅性能評価制度」

なんと、10分野で32項目があります。項目まで紹介すると長くなりますので、とりあえず10の分野だけ紹介しますね。

1.地震などに対する強さ(構造の安定)
2.火災に対する安全性(火災時の安全)
3.柱や土台などの耐久性(劣化の軽減)
4.配管の清掃や補修のしやすさ、更新対策(維持管理・更新への配慮)
5.省エネルギー対策(温熱環境)
6.シックハウス対策・換気(空気環境)
7.窓の面積(光・視環境)
8.遮音対策(音環境)
9.高齢者や障害者への配慮(高齢者等への配慮)
10.防犯対策

地震などに対する強さ(構造の安定)の最高等級は3。
これは、建築基準法の1.5倍の耐力壁の量なんですね。
構造用合板(厚さ9.0㎜)の壁倍率が2.5。いくら耐力壁を増やしてもなかなか厳しい・・・。

という訳で、今回採用したのがこちらの「タイガーグラスロック
床勝ち(先に床板を施工する方法)仕様なので壁倍率は「2.6」
タイガーグラスロック

これのおかげで、ぬくぬくハウスの等級は最高ランクの3。これでバッチリ安心です

・・・でもやっぱり地震は怖いです
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HAPPY SMILE

Author:HAPPY SMILE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード